創業融資は借りたほうがいいの?

創業のとき、融資を受けるべきか、自己資金だけでいくべきか悩みますよね。

設備を導入したり、内装工事が必要だったり、仕入れが必要な業種の方は融資を検討されると思います。

しかし、最初に大きく資金が必要でない方は悩まれると思います。

私自身も創業時に悩みました。

多少は貯めていたお金があったので、最初はそれだけでいこうと思っていました。

しかし、周りの起業している人達に創業融資を受けていた方がいいとアドバイスされ、どうかなと思いつつ300万円の融資を受けました。

融資を受けるってかなり勇気は必要でしたが、実際に事業をスタートしてみて借りていてよかった!とつくづく思いました。

自己資金は用意してはいましたが、創業時って思いのほかお金がかかりました。

その上、毎月の売上が全く安定しません。

融資を受けていなければ、貯金が減っていって心細い思いをしていたと思います。

お金がないことで、広告宣伝費や営業にかけるお金も出し渋っていただろうなと思います。

そうしてしまうと、売上も伸びず悪循環に陥ってしまったと思います。

お金は余分にあって困ることはありません。(余分にあるからと言って、無駄遣いするのはダメですが…)

融資を受けたからといって、すぐに使わなくても置いておけばいいんです。

そうすれば返済に困ることはありません。

必要になったときに、ちゃんと動けるようにするために、私は創業時に融資を受けておくことをオススメします。